フランチャイズのメリット・デメリット FRANCHISE

フランチャイズ制度を利用した独立は、M&Aを利用した独立などと比べると選択されにくい傾向にあります。
理由の多くは「ロイヤリティ(フランチャイズ費用)を取られるから」ですが、フランチャイズ制度を活用した独立には多数のメリットも存在します。
資金や運営面において、本部からの手厚いサポートがあるため失敗するリスクは個人で開業するよりも低いと言われています。

  • メリット
    1. 開業までのサポートが⼿厚い
    2. 新規開業・M&Aなどより安く開業できる
    3. 資⾦調達に有利。資⾦援助がある場合も
    4. ⼈材採⽤、供給⾯でのサポート
    5. 薬代の購⼊費削減、不動在庫の処理に有利
  • デメリット
    1. ロイヤリティ(フランチャイズ費)が発生する
    2. チェーン薬局の看板は、さほど影響⼒がない
    3. 完全に⾃分仕様の薬局にはならない

メリットについて

1. 開業についてのサポートが手厚いPOINT 1

開業するまでには、様々なハードルがあります。医療機関や周辺状況の調査をはじめ、医療機関との分業交渉や、テナント/家賃の交渉、備品等の交渉を行ってくれる場合があります。また、すでに開業している店舗をフランチャイズする場合でも、現状を鑑みた上での財務分析をはじめ、面倒な役所への申請等々について様々な助言、サポートが受けられます。

2. 新規開業・M&Aなどより安く開業できるPOINT 2

運営中の店舗をフランチャイズした場合、という前提ですが、安くフランチャイズ運営をスタートできる場合が多いです。
初期コストは加盟料・保証料・家賃・人件費の他はあまり発生しません。ロイヤリティは発生した売り上げや利益により発生する為です。診療報酬が入るまではロイヤリティが発生しないという場合であれば、かなり安くフランチャイズでの開業までこぎつけられるでしょう。

3. 資金調達についてアドバイスがもらえる。場合により資金援助も。POINT 3

資金調達に必要なのは、自己資金もさることながら事業計画書を立てる事が重要になります。フランチャイズ本部がこれまでのノウハウを生かし、各種計算、試算を行ってくれます。より綿密な事業計画書が作成でき、ひいては資金借り入れが出来る可能性が高まります。場合によっては、開業資金を一部貸付してくれる場合もあります。

4. 薬剤師の採用・とっさの時の供給をしてもらえるPOINT 4

一人薬剤師で頑張る事も可能ですが、どうしても休まなけれはならない事情が発生したり、体力的に難しくなることを避けることはできません。
何よりフランチャイズ経営者は、薬剤師としての業務のほかに経営も行う必要があります。また営業にも出向かねばならない事も発生するでしょう。フランチャイズの場合は、そんな困った時に、費用は発生する事が多いですがヘルプ薬剤師を派遣してくれる事があります。

5. 医薬品購入費を削減できる、また在庫管理をバックアップしてくれるPOINT 5

フランチャイズ独立する最大の利点かもしれません。薬局経営において、医薬品購入費と在庫の消化は非常に重要になるからです。
勤務薬剤師時代は、あまり薬価差益を考えた事はなかったかもしれませんが、月200万円の薬が必要な場合、5%薬価が変われば10万円の差が出ます。そしてこの10万円は、利益に直結する、というのがポイントになります。個人薬局で薬価差を大幅に出せるほど、卸企業は交渉してはくれません。

また不動在庫があれば、月々数万~数十万円が無駄になります。不動になりそうな在庫を本部が買い取り、他フランチャイズ店に回す、などの対応をしてくれる事もあります。
その他、本部が薬を購入し、チェーン店同士の分譲を行うことで必要数だけ、薬を買うというサポート体制がある場合もあります。
その他、在宅応需のための営業を支援・情報提供するといった、様々なサポートをしてくれるという事がメリットに挙げられます。

デメリットについて

1. ロイヤリティ(フランチャイズ費)が毎月発生する。加盟料・保証料等がかかる場合も。POINT 1

フランチャイズを忌避される方の大半がこの理由です。頑張っただけ自分の手元に残らない、だからモチベーションが上がらない、という事です。実際の費用については『よくある質問』のページに記載しています。

2. 屋号はあまり影響がないPOINT 2

残念ながら、薬局の場合、チェーン薬局の看板・屋号を利用できるからといって、そこまで集客に影響力を与えられません。結局はフランチャイズ加盟した薬剤師さま自身の頑張りに掛かっているのです。

3. 完全に「自分の薬局」にはならないPOINT 3

運営上のルールに全て縛られるという訳ではありません。コンビニとは違い、比較的自由度の高いフランチャイズ運営をしているのが薬局フランチャイズの特徴です。
ですが、制服や店名を自由に出来ないなどのルールがあったり、完全に自分の思い通りの薬局には出来ない事も当然発生します。この点はデメリットかもしれません。

ご相談無料!独立サポートに関してのご相談はこちらから

秘密 厳守

ご相談ダイヤル

0120-948-240

(受付時間 / 平日9:30~18:30)

Webからのご相談

ご相談フォームはこちら