処方箋単価について BASIC

処方箋単価とは、処方箋一枚当たりの調剤報酬のことです。
診療科別の処方箋一枚あたりの調剤報酬(処方箋単価)を把握することで、売上の算出に役立ちます。
調剤報酬や技術料は処方箋を受ける診療科目によって大きく変わってきますので、それぞれの診療科別の平均値を把握しておくことをオススメします。

厚生労働省の医科・調剤医療費の動向調査の集計結果をまとめたグラフを下記に示します。


処方箋単価においては、処方箋を必要としない医薬品は含まれてないので、医薬品全てのデータを網羅しているわけではないですが、薬局のマーケットを知るうえでは有効なデータと言えます。
また、薬局の収益構造と処方箋単価から、個人で経営できる規模の薬局の目安も分かる為、あらかじめ把握しておく事をおススメします。

上記のグラフからも読み取れますが、処方箋単価の計算方法です。

  • 処方箋単価
  • 薬剤料(税込)
  • +
  • 技術料
  • +
  • 特定保険医療材料料

処方箋枚数×処方箋単価=総売上を算出でき、薬剤料が薬の価格(商品代)となります。
また、2020年厚生労働省より薬価と市場実勢価格の平均乖離率は約8.0%と発表があり、薬剤料の約8.0%が薬価差益(税込)として考えられます。

技術料に関しては特に原価はない為そのまま利益となる部分なので、重要視する必要があります。
つまり、薬局の売上純利益(粗利)は「薬価差益+技術料」で決まるので、シュミレーション時に処方箋単価と一緒に参考にして下さい。

ご相談無料!独立サポートに関してのご相談はこちらから

秘密 厳守

ご相談ダイヤル

0120-948-240

(受付時間 / 平日9:30~17:45)

Webからのご相談

ご相談フォームはこちら