独立に必要な資金 BASIC

M&Aする場合の資金目安は?

薬局をM&Aで買収する際、その事業(薬局)の買収に当たって適正価値が存在します。
計算式は、以下のようになります。(ただしこの計算が当てはまらない場合もあります)

薬局の価値 =『EBITDA×3年分』+『商品在庫』+『固定資産』

※EBITDAとは、『営業利益+減価償却費』の事を指します。

今後3年で得られたであろう利益と、今ある資産を支払う必要がある、という事になります。逆に赤字店舗であれば営業権は限りなく0円に近づきます。

それを踏まえ、概ね薬局買収する場合の目安金額は以下のようになります。

項目 目安金額
営業権(のれん代) 0〜1000万円
商品(薬)在庫 100〜500万円
固定資産 0〜500万円
ご紹介手数料 500〜1000万円
600〜3000万円

運営を開始するのに必要な資金目安は?

  • 保険料収入(レセプト)は請求後2カ月後に入金され、それまでは自身で賄う必要がある
  • 薬剤師は雇用せず、事務員さん一人を雇用し、一人薬剤師として自分が勤務する
  • 売り上げを400万円/月、薬剤比率70%、技術料30%として計算

上記を前提に開局後の2カ月間にかかる運営費用目安を以下に算出しました。
※あくまで目安のため全ての方に当てはまるものではありません。

項目 目安金額(1ヶ月目) 2ヶ月目 2ヶ月累計
生活費 20万円/月 20万円/月 40万円
薬剤費 280万円/月 280万円/月 560万円
給与手当(事務) 20万円/月 20万円/月 40万円
法定福利費 3万円/月 3万円/月 6万円
交通費 2万円/月 2万円/月 4万円
消耗品費 2万円/月 2万円/月 4万円
リース代(分包機等) 5万円/月 5万円/月 10万円
水道光熱費 1万円/月 1万円/月 2万円
地代家賃 15万円/月 15万円/月 30万円
賃貸物件保証金 100万円(初回のみ) 100万円
448万円 348万円 796万円

案件の大小により幅はありますが、M&Aでの買収分を合算すると最低限1000~3800万円前後が、独立開局し診療報酬を受け取るまでに必要な資金となります。

借り入れについて

日本政策金融公庫の場合CASE

担保の有無 金利
担保あり 1.50%程度
担保なし 2.20%程度
  • 年齢や資産状況、タイミングにより変動しますので、参考程度にお捉えください。
  • 必ずしも担保・保証人は必要ではありません。
  • 融資が下りるまで、約1カ月を要します。
  • 自己資金は、借入額の約10%を求められます。
  • 事業譲渡の契約書や、創業計画書などの提出が求められます。

2000万円を各金利で借り入れし、5年、または10年で返済した際のシミュレーションSIMULATION

返済期間 月額返済額 年間返済額 支払い総額 金利総額
2.00% 3.00% 2.00% 3.00% 2.00% 3.00% 2.00% 3.00%
10年 184,026 193,121 2,208,312 2,317,452 22,083,120 23,174,520 2,083,120 3,174,520
5年 350,555 359,373 4,206,660 4,312,476 21,033,300 21,562,380 1,033,300 1,562,380

ご相談無料!独立サポートに関してのご相談はこちらから

秘密 厳守

ご相談ダイヤル

0120-948-240

(受付時間 / 平日9:30~18:30)

Webからのご相談

ご相談フォームはこちら