フランチャイズ制度とは? FRANCHISE

フランチャイズ(FC)制度について

フランチャイズ(FC)制度を利用した業態といえば、コンビニエンスストアが代表的な例として挙げられます。
コンビニの場合、たくさんの魅力的な商品に豊富なマニュアル。そして何よりその有名チェーンの看板は大きいです。看板の安心感から、多くの固定客がついています。

それらを利用する対価としてロイヤリティ(フランチャイズ費用)を支払う制度の事をフランチャイズ(FC)制度といいます。

ロイヤリティ(フランチャイズ費用)は使用権として一方的にとられるものではありません。手厚いサポートがあり、ノウハウ提供があり、フランチャイズ本部の持つルートで薬局の場合は薬を安く仕入れられます。そういった、これまでフランチャイズ本部が培ってきた実績を利用できるのです。
何より本来であれば見つけられなかったような優良店舗で開業できるというのは、フランチャイズの力です。時間的にも随分と短縮できるはずです。ロイヤリティ(フランチャイズ費用)はここまで含まれた対価である、というようにご認識ください。

薬局がフランチャイズ展開する理由

フランチャイズ本部が薬局を運営する上でフランチャイズ展開する理由として、以下の4つが挙げられます。

  1. 事業拡大・店舗展開のスピードを早めることが出来る

    拡大すれば規模の経済を生かせます。また知名度も上がり、より多くの集客・売上に繋がります。他社に取られる前に、自社店舗を拡大できるというメリットもあります。

  2. フランチャイズ本部に店舗を増やす資金や人材が無い場合がある

    本部としても資金がない場合があります。もちろん薬局の場合であれば、薬剤師さんも必要ですが、人材確保がままならない事態も往々にして発生します。その為、加盟店が規模を広げてくれる事を期待するのです。

  3. 規模拡大により仕入コストを圧縮できる

    規模が大きくなれば当然薬の仕入れ価格なども交渉力を増します。薬価差は、薬局経営において欠かせない重要な利益です。

  4. フランチャイズ本部が安定的な収入を得られる

    自社で運営すれば人件費などが大きな負担になります。加盟店が運営する事で、リスクを減らしつつ、ロイヤリティ(フランチャイズ費用)を安定的に得られることがメリットになります。

ご相談無料!独立サポートに関してのご相談はこちらから

秘密 厳守

ご相談ダイヤル

0120-948-240

(受付時間 / 平日9:30~18:30)

Webからのご相談

ご相談フォームはこちら